歯科矯正で綺麗になろう

>

デメリットが多いと覚えておこう

しっかり噛んで食べよう

食べ物をよく噛むことで、胃の中で吸収されやすくなります。
噛まずに飲み込んでいると消化しにくいので、胃に負担を与えてしまいます。
胃が疲れやすくなったり、消化不良を起こすので良いことはありません。
歯並びが悪いと噛むことが難しくなるので、食べ物を飲み込む人が見られます。
生活面でも悪影響を及ぼすので、早めに歯並びを綺麗に治してください。

実は言葉を発音する時にも、歯並びが大きく関わっています。
正しく発音したつもりでも、歯の隙間から空気が抜けるかもしれません。
すると違う言葉に聞こえるので、自分の意思が相手に伝わらなくなってしまいます。
そのように、顔が大きく見える以外のデメリットもたくさんあると理解してください。

よくない生活習慣とは

歯並びが綺麗な人も油断しないでください。
生活の中に、悪い習慣があると次第に歯並びが悪くなってしまうと言われています。
食べ物を噛むときに、毎回片側で噛む癖がある人は注意しましょう。
すると歯のバランスが悪くなります。
歯並びの綺麗な状態を維持するために、両方の歯で噛むことを意識してください。

眠る時の枕が高いと、歯に負担を与えます。
睡眠が浅くなって疲れが取れないデメリットもあるので、身体に合ったサイズの枕を用意してください。
最近は、オーダーメイドの枕も流行っています。
自分専用の枕を作れるので、それなら身体に余計な負担を与えません。
しっかり歯並びを守れるので、費用が掛かりますがオーダーメイドという方法もあると覚えてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る